2010年04月21日

<春姫道中>徳川義直の正室こし入れの様子を再現…名古屋(毎日新聞)

 尾張藩初代藩主、徳川義直の正室、春姫こし入れの様子を再現した春姫道中が18日、名古屋市中心部の繁華街と名古屋城であった。

 戦災で焼失した名古屋城本丸御殿復元プロジェクトの一環で、名古屋城文化フォーラムの主催。春姫役の名古屋大4年生、光田奈央さん(21)をはじめ、約800人が華やかな衣装をまとって練り歩いた。道中のルートとなった大津通りや名古屋城では、カメラを手にした人々が行列を取り囲んだ。【山田一晶】

【関連ニュース】
黄砂:東海地方でも観測 名古屋城かすむ
日本の城
春姫道中:16代・光田さんが招待状−−知事、名古屋市長に /愛知
ユキヤナギ:春の名古屋城お堀沿い、かれんな花の雪景色 今月いっぱい見ごろ
強風:猛威 空の便、鉄道など乱れる 名古屋城、黄砂にかすむ

<社会人野球>ホンダ鈴鹿など2勝目…日立市長杯予選リーグ(毎日新聞)
堺事件容疑者「泣かれイライラした」(産経新聞)
<神埼市長選>松本氏が再選 佐賀(毎日新聞)
1歳男児が虐待死か 堺で頭に内出血・腸管破裂の症状(産経新聞)
<凍結卵巣>移植治療を国内で初めて開始 順天堂大(毎日新聞)
posted by 横須賀セレブ at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

自転車2台も?線路に投げ込んだ疑い(読売新聞)

 埼玉県警捜査1課と川越署などは3日、川越市脇田町、自称写真館経営田島克久容疑者(45)を電汽車往来危険容疑で逮捕した。

 発表によると、田島容疑者は同日午前4時10分頃から20分頃にかけ、坂戸市関間の東武東上線上り線路内に自転車2台を投げ込んだ疑い。

 けが人はおらず、電車の走行に影響はなかった。

 同署幹部によると、同線では昨年8月頃から、走行中の電車に石のような物が投げつけられ、窓ガラスが割れるなどの被害が二十数件あり、同署員らが警戒していたという。田島容疑者は「やってない」と容疑を否認しているという。

<フロアマット>「全天候型」16車種でアクセルに接触(毎日新聞)
民主党ITS議連会長に高木義明氏(レスポンス)
【教育】「好奇心」より「空気読む」のを優先? 親と子の意識調査(産経新聞)
美人すぎる市議や進次郎も参加 政治家60人のブログサイト開設(産経新聞)
老人ホームの軽自動車衝突、93歳と81歳死亡(読売新聞)
posted by 横須賀セレブ at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

警察庁長官狙撃 延べ48万人動員実らず…時効成立(毎日新聞)

 国松孝次・警察庁長官(当時)狙撃事件から15年。警視庁南千住署捜査本部は一貫して「オウム真理教による組織的事件」とみて延べ約48万2000人を動員し捜査を進めたが、狙撃者を特定するだけの物証や証言は得られなかった。捜査本部は30日午後、東京地検に「容疑者不詳」で書類を送付し、捜査を終結する。

【インタビュー動画】「被害者になって初めてわかった」国松元長官が心情を吐露

 事件は地下鉄サリン事件(95年3月20日)やオウム真理教富士山総本部への家宅捜索(同22日)の直後に起きた。捜査本部は(1)発生約1時間後、テレビ局に「教団への捜査を中止しなければ、国松長官ら警察幹部に危害を加える」との脅迫電話があった(2)事件翌日に教団が配布したビラに脅迫電話の時間が正確に記されていた(3)元教団幹部が在家信者だった元警視庁巡査長(44)=96年11月に懲戒免職=の関与をほのめかし、元巡査長のコートなどから火薬成分が検出された−−などから、教団教祖だった松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(55)の指示による組織的テロとの疑いを強め捜査していた。

 捜査本部はコートから検出された火薬成分を物証とみて、04年7月に元巡査長や教団幹部ら計4人を殺人未遂容疑などで逮捕したが、狙撃者を特定できず不起訴処分になった。

 その後の捜査で、元巡査長のアタッシェケースから新たに火薬成分を検出した。捜査本部は元巡査長が96年に「自分が撃った」と供述した点も踏まえ、狙撃者とみて昨年10月に任意聴取を再開したが、元巡査長は事件当日に「現場近くに止めた車内で待機していた」と供述しつつも、狙撃については否定。東京地検も「現状の証拠や供述では公判維持は困難」と判断した。【村上尊一】

 ◇巡査長に翻弄された15年 

 オウム真理教在家信者だった元警視庁巡査長(44)の供述に翻弄(ほんろう)された15年間だった。「身内」の取り調べに投入されたエース捜査員たち。出勤途中に駅で倒れ死亡した捜査員、ともにチームを組んだ捜査員の遺影を手に聴取に臨んだ取調官……。それぞれの人生を懸けて解決を目指した事件だった。

 「あいつのことは今も思い出す。同僚たちから『お前はだまされたんだ』と言われたが、おれはそうは思っていない。時効になって落ち着いたら、もう一度会って確かめたい」

 05年に退職した公安部OBは「自分が撃った」と供述した元巡査長と共同生活をして真相を聞き出そうと苦心した日々を忘れない。

 「毎日一緒にいれば、相手がうそを言っているかどうかはわかる。元巡査長は警察官として我々に協力しようとしていた」。だが、上司や同僚からも聞き出した話の信ぴょう性を疑問視され、元巡査長と会うことは禁じられた。それでも元巡査長が真相を語ったと信じている。「『軟禁』と批判された極限状態の捜査の中、自分なりに悩みに悩んで出した結論だから」

 当時係長だった栢木(かやき)国広・公安1課長は発生直後に捜査本部に入り、今年2月まで自ら元巡査長を聴取し「ミスター長官事件」と呼ばれた。「元巡査長とは今でも電話で話ができる関係を築いたが、最後の最後まで納得できる話を聞き出せなかった。挫折だな」

 4月7日に定年退職で警視庁を去る。「15年もやってホシをあげられないなんて、責任が一番重いのはおれだよ」と語る。「歴代の取調官たちの苦悩をどこまで受け止めてこられただろうか」と、捜査に心血を注いだ仲間に思いをはせる。【村上尊一】

【関連ニュース】
【ドキュメント動画】「未解決」を歩く(25) 地下鉄サリン事件 高橋シズヱさんの活動
【ドキュメント動画】「未解決」を歩く(19)八王子スーパーナンペイ強盗殺人事件
【未解決凶悪事件を追う】忘れない「未解決」を歩く
忘れない:『事件』と『逃亡』二重の行為 苦しみを増幅(地下鉄サリン事件)
未解決事件動画アーカイブ 忘れない 「未解決」を歩く

霧島で降灰を確認、小規模な噴火か(読売新聞)
10年後の債務残高比率を重視=財政再建で論点整理へ−国家戦略室(時事通信)
<雑記帳>弥太郎の下駄も…三菱重工造船所に岩崎家コーナー(毎日新聞)
鳩山首相、与謝野氏離党「自民党さんも大変だなあ」(産経新聞)
NOVA元社長を不起訴=特別背任容疑、管財人告発−大阪地検(時事通信)
posted by 横須賀セレブ at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。