2010年01月28日

<政権公約を実現する会>「政治団体」として届け出の方針(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相に近い民主党議員で作るグループ「政権公約を実現する会」(会長・大畠章宏衆院議員)が21日、政治資金規正法上の「政治団体」として総務省に届け出る方針を固めた。首相の偽装献金問題に関連し、収支報告書の提出が必要ない運営方法が不透明と批判されたためで、28日に総会を開いて正式決定する。

 同会は国会会期中に毎週行う勉強会などで主に活動しており、約50人が参加する。これまでは政治団体として届け出ておらず、活動に必要な経費は首相ら所属議員が負担していた。【山田夢留】

【関連ニュース】
鳩山首相:小沢幹事長自身での潔白証明に期待
鳩山首相:「熱っぽい行動控えるべきだ」 党内検察批判に
小沢幹事長:「近々中に理解得られる状況作る」
取り調べ可視化法案:対検察、首相慎重 民主の提出けん制
日医会長選:分裂 「民主派」茨城会長 現職と一騎打ちに

人工歯根 使い回しの疑いで歯科医院立ち入り検査 愛知(毎日新聞)
平均時速50キロが限界? =人類が走る最高速度−足の接地時間が制約・米大学(時事通信)
皇太子ご夫妻が国連大学に(時事通信)
<日米安保>記念行事に300人出席 横須賀基地(毎日新聞)
名護市長選、投票始まる=普天間移設に影響(時事通信)
posted by 横須賀セレブ at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。